色々な製造方法がある

肘をついてこちらを見ている女性

世の中に出回っているカラコンは一体どのようにして作られているのか?実は普通のコンタクトレンズとは大きく違った作り方がなされているので、カラコンを使っていく人はそのこともしっかり頭に入れておきましょう。まず紹介していくのが、ずばりサンドイッチ製法のカラコンです。サンドイッチ製法というのはカラコンに必要な着色料を2枚のレンズで挟んで作られているものになります。そのため必然的に普通のコンタクトレンズと比べても分厚くなってしまい、つけたときの感覚にも違和感を覚えてしまうでしょう。また目に負担をかけやすいので、サンドイッチ製法で作られているカラコンを使用する場合、必ずまめに外すようにしてほしいと思います。そして次に紹介するのがキャストモールド製法で作られたカラコンです。こちらはレンズそのものに着色料を混ぜているので、さきほどのサンドイッチ製法と比べて約二分の一くらいにまで薄くなっています。もちろんそうなると付け心地に関しても非常になめらかなので、間違いなくあなたにとってもつけやすいと断言します。ただしキャストモールド製法の場合は着色料が落ちやすくなっているので、長期間使い続けることには向いていません。そのため現在世の中に出回っているキャストモールド製法のカラコンはワンデータイプがメインとなっております。あとは医療用のコンタクトレンズを作っているところからサークルレンズと呼ばれる穴の開いたカラコンも存在し、他のどのカラコンよりも安全度において高くなっているのが特徴です。